色覚障がいとは?

色覚障がい

足の不自由な方には、車椅子があります。耳の不自由な方には補聴器があります。しかし、色覚障がいの方(色弱・色盲の方)には、補助する道具やそれを補正するメガネがありません。また、生まれつきの色覚障がいは遺伝によるもので、治す方法もありません。
色覚障がいの方は、日本人男性の約20人に1人、女性は500人に1人とも言われており、総数では約320万人にもなり、身体障がい者の方とほぼ同数と言われています。この方たちに少しでも、不自由を感じない配色やデザインを提供することにより、正確な情報を伝えることが可能になります。
色の識別に不自由さを感じておられるのは、色覚障がいの方だけではありません。加齢による白内障や緑内障などにより、目のかすみや視力低下など、日常生活で不便を感じておられるお年寄りの方もたくさんおられます。ユニバーサルデザインは、お年寄りにも優しいデザインです。

ISSHINSHA INC.1-14-15,daido,tennoji-ku,osaka,543-0052 JAPAN

このページの先頭へ